全国のエネルギーパーク見学ガイド地域のグリーンパワーを探す

出かける前に知っておきたいエネパの基礎知識

再生可能エネルギーの種類とは?

小さな自然のチカラも、集まれば大きなエネルギーに。いろいろあります、「再生可能エネルギー」。

  • 太陽光発電
    太陽の光エネルギーを太陽電池で直接電気に換えるシステム。家庭用から大規模発電用まで導入は広がっています。
  • 風力発電
    風のチカラで回転させた風車で発電。ウインドファームのような大型から、学校などの公共施設に設置される小型のものもあります。
  • 水力発電
    ダムなどの落差を活用し、水が落下するエネルギーを利用。注目は、農業用水路や小さな河川でも発電できる中小規模のタイプです。
  • バイオマス発電
    動植物などの生物資源(バイオマス)をエネルギー源にして電気や熱に変換。資源となるのは建築廃材、農業残さ、食品廃棄物などです。
  • 地熱発電
    地下に蓄えられた熱エネルギーを蒸気や熱水などで取り出し、タービンを回して発電。火山国の日本には、世界第3位の豊富な資源があります。

ほかにもいっぱい! 再生可能エネルギー

  • 太陽熱利用
    太陽の熱エネルギーを集熱器に集めて水や空気を加熱し、給湯や暖房に利用。
  • バイオマス熱利用
    各地域で収集できるバイオマス燃料を直接燃焼させ、暖房や給湯等に利用。
  • 雪氷熱利用
    冬に積もった雪や凍結した氷を冷熱源として保管し、夏の冷蔵や冷房に利用。
  • 地中熱利用
    昼夜間や季節間の温度変化が少ない地中で熱交換を行い、冷暖房や給湯に利用。
  • 温度差熱利用
    河川や海水の水温と気温との差や、工場の廃熱等を、給湯や冷暖房などに利用。
  • バイオ燃料
    生物資源から、固体(ペレット等)、液体(バイオエタノール等)、気体(バイオガス等)の燃料を製造。

地域のグリーンパワーを探すトップへ探すトップに戻る

PageTop