全国のエネルギーパーク見学ガイド地域のグリーンパワーを探す

「環境最先端都市 福島」の実現を目指して

平成27年度認定福島市次世代エネルギーパーク

エネルギーパーク概要

地域資源を活用し、地域特性にあった再エネを推進
福島市では、2015年2月に「福島市再生可能エネルギー導入推進計画」を策定し、地域特性にあった再生可能エネルギーの導入を市、市民、事業者が一体となって積極的に推進しています。さらに、「福島市次世代エネルギーパーク計画」によって、地域資源を活用した小水力発電や地熱バイナリー発電、電力の地産地消事業を行うあらかわクリーンセンターなど様々な種類の再生可能エネルギー発電設備や関連施設を連携させ、学習機会を市内外の方々へ提供。その特徴や有用性、エネルギー問題への理解を深めていただくことで、「環境最先端都市 福島」の実現を目指す本市の姿を広く情報発信していきます。

おすすめ見学コース

JR福島駅を起点に、市内各地に立地する代表的な再生可能エネルギー発電設備や関連施設を、自然景観や温泉など観光を楽しみながら巡ることができるコースです。

  1. JR福島駅
    福島駅は、JR東日本による省エネルギー・再生可能エネルギーなど様々な環境保全技術を駅に導入する「エコステ」のモデル駅。太陽光発電設備や地中熱ヒートポンプ、LED照明等の再エネ・省エネ設備が導入されています。
  2. 福島市産業交流プラザ 常設展示室
    常設展示室に太陽光や水力、風力など様々な種類の再生可能エネルギーについて学習できる展示コーナーがあります。
  3. 四季の里小水力発電設備
    地元企業の技術と地域資源を活用した小水力発電設備を設置するとともに、展示コーナーを開設し、小水力発電のしくみや利点、小水力発電ができる場所や水車の種類等について、パネル展示等にて解説しています。
  4. 土湯温泉東鴉川水力発電所と土湯温泉16号源泉バイナリー発電所
    土湯温泉町には、砂防堰堤を利用した小水力発電所と既存の源泉を使った東北初の地熱バイナリー発電所があります。それぞれの発電所には遊歩道や展望台が整備され、発電の仕組みを一元的に学習できます。

アクセス情報

詳しい施設情報はこちら

お問い合わせ:福島市 環境部 環境課 再生可能エネルギー推進係
TEL:024-535-1111(内線3718)

地域のグリーンパワーを探すトップへ探すトップに戻る

PageTop