全国のエネルギーパーク見学ガイド地域のグリーンパワーを探す

島全体で体感する再生可能エネルギーのテーマパーク

平成21年度認定宮古島次世代エネルギーパーク

エネルギーパーク概要

貴重な水資源を循環社会・再生可能エネルギーで守る
宮古島には太陽光発電や風力発電、バガスやメタンの利用などさまざまな再生可能エネルギー施設が点在しています。また、基幹作物のサトウキビのほか、マンゴーや島野菜などの農作物は、地下ダムのおかげで水不足の心配も減りました。その地下水を守るため、循環型社会の構築やエネルギーの地産地消への取り組みも盛ん。「見て」「触れて」「学ぶ」をキーワードに、島全体を「次世代エネルギーパーク」として位置づけ、観光で訪れた方々にも、宮古島の青い海や青い空を後世に残すためのさまざまな取り組みに触れていただくことができます。

おすすめ見学コース

バイオマス関係や再生可能エネルギー関係など、島内に点在するエコ施設や実証事業などを解りやすくご紹介する宮古島市エコアイランドPR館(愛称:エコパーク宮古)を拠点としたエコツアーがおすすめ。

  1. エコパーク宮古
    エコツアーの拠点施設となる、宮古島市エコアイランドPR館(愛称:エコパーク宮古)は、エコアイランド宮古島がスタートした概要や島内のエコ施設、エコな取り組みなどを映像やパネルを使って紹介しております。
  2. バイオエタノール製造施設
    バイオマス利用のため、島の基幹作物であるサトウキビの糖蜜を利用したバイオエタノールの製造や残渣液での液肥開発等、サトウキビの循環システム構築を目指しています。
  3. 地下ダム資料館
    水なし農業からの脱却を成し遂げた宮古島。その根源となったのが地下ダムです。エコアイランド宮古島の取り組みも、水を守ることにより自然環境への負荷を減らし、住み良い島を未来へ残すことからスタートしました。
  4. メガソーラー展望台
    広大な敷地に敷き詰められた太陽電池を一望。説明板によりメガソーラ―実証研究施設の研究内容、設備規模など、沖縄電力が取り組んでいる再生可能エネルギー利用への理解を深めることができます。

地域のグリーンパワーを探すトップへ探すトップに戻る

PageTop