全国のエネルギーパーク見学ガイド地域のグリーンパワーを探す

再生可能エネルギー自給率日本一の「おんせん県おおいた」

平成21年度認定大分県次世代エネルギーパーク

  • 太陽光発電
  • 風力発電
  • バイオマス
  • 水力発電
  • 地熱発電

エネルギーパーク概要

恵まれた再生可能エネルギーを官民一体で活用
大分県は日本一の発電規模を誇る地熱をはじめとして、豊富な森林資源を使ったバイオマス、農業用水路などを利用した小水力、太陽光、風力など、さまざまな再生可能エネルギーに恵まれています。そこで、これらの再生可能エネルギーを活用している県内の企業や自治体とネットワークを構築し、県全体を公園に見立て、エネルギーパークと位置づけています。
官民が一体となって再生可能エネルギーに触れる機会を提供します。

おすすめ見学コース

地熱や水、特産品の味噌など、大分ならではの資源を活用して誕生した新しい再生可能エネルギー施設のほか、温泉の恵みを活用した「地獄蒸し」などのグルメも楽しめます。

  1. 大分県農林水産研究指導センター 農業研究部花きグループ発電所(湯けむり発電システム)
    高温温泉の熱水と、蒸気のエネルギーを最大限に活用するトータルフロー発電方式として、全国初の実用化に成功しました。県内企業が研究開発した発電設備です。
  2. 五湯苑地熱発電所
    大地より沸き上がる146℃の噴気をエネルギーにしてバイナリー発電機を運転。天候に関係なく、安定した発電を行うことができます。
  3. 小水力野畑発電所
    県内初となる、民間事業者が取り組む農業用水路を使った小水力発電所。地場企業が設計・製作したプロペラ式水車を採用、3.5mという低落差での商用発電を実現しました。
  4. 二豊味噌協業組合バイオマス発電所
    味噌製造工程からの排水を嫌気処理する際、発生するメタンガスを燃料に発電し、同時に排熱を回収するコージェネレーション装置。廃棄物の減量化とエネルギーの有効利用を両立します。

地域のグリーンパワーを探すトップへ探すトップに戻る

PageTop