全国のエネルギーパーク見学ガイド地域のグリーンパワーを探す

レジャースポットで、再生可能エネルギーや資源循環を楽しく学ぶ

平成21年度認定エネルギーパーク洲本

エネルギーパーク概要

ウェルネスパーク五色を拠点に巡る、再生可能エネルギーへの取り組み
エネルギーパーク洲本は、循環型社会を目指す取り組み「菜の花・ひまわりエコプロジェクト」関連施設が整備されている「ウェルネスパーク五色」を拠点として、バイオマス、風力発電、太陽光発電といった複数の再生可能エネルギーます。ウェルネスパーク五色は、宿泊施設、温泉施設、レストラン、オートキャンプ場、ログハウス、スポーツ施設、遊具広場、体験工房などを備える複合レジャー施設。京阪神方面を中心に多くの方々にご利用いただいています。

おすすめ見学コース

ウェルネスパーク五色とその周辺では、菜種油やひまわり油を製造する工場、廃食用油をバイオ燃料にリサイクルする施設、バイオ燃料で走る車や漁船、大型風力発電、農業用ため池に浮かぶ太陽光発電施設など、多様な再エネ施設が見学できます。

  1. 菜種搾油施設
    市内で栽培収穫した菜の花やひまわりの種を原料として、無添加一番搾り製法により風味豊かな食用油を製造しています。天ぷら油としても、オリーブオイルのようにご利用いただくことも可能です。
  2. 酵素触媒法BDF精製プラント
    市内から分別回収した廃食用油を、軽油の代わりに使えるバイオ燃料(BDF)にリサイクルしています。全国でも珍しい「酵素触媒法」によって、高品質な燃料を安定して製造することが可能となっています。精製能力は約200L/日。
  3. バイオ燃料車
    「酵素触媒法BDF精製プラント」で精製したBDFは、マイクロバス、フォークリフト、農業機械、パトロールカーなど、様々な車両の燃料として利用しています。
  4. クリーンエネルギー 五色風力発電施設
    タワーの高さが65m、ブレードの長さが35mにもなる、出力1,500kWの大型風力発電施設1基が、淡路島西海岸を吹きぬける風を受け、一般家庭約900世帯分の電気を生み出しています。

地域のグリーンパワーを探すトップへ探すトップに戻る

PageTop