全国のエネルギーパーク見学ガイド地域のグリーンパワーを探す

再生可能エネルギーで地域に根ざした社会システムを構築

平成21年度認定東近江市次世代エネルギーパーク

エネルギーパーク概要

次世代に美しい自然を引き継ぐために「協働」「体感」「発信」
東近江市では、栽培した菜の花からナタネ油を製造し、廃食油をバイオディーゼル燃料に精製する「菜の花エコプロジェクト」に取り組んでいます。また、八日市商工会議所と東近江市商工会が連携し、環境推進と地域活性化を通して地域力アップを図る「東近江市Sun讃プロジェクト」を立ち上げ、ひがしおうみ市民共同発電所3号機を設置。売電益を地域商品券で還元する地域循環のしくみは、市内で多数利用されています。市民との「協働」、体験型学習による再生可能エネルギーの「体感」、その取り組みを全国に「発信」し、さらなる活性化を図ります。

おすすめ見学コース

再生可能エネルギーを見て触れることができるだけでなく、菜の花を鑑賞したり、平和について学ぶことができます。
あいとうふくしモールの農家レストランでは、地域産の野菜等を使った料理をお楽しみください。

  1. あいとうふくしモール
    食とエネルギーの自給、ケアの充足を目指した安心の拠点。農家レストラン、障がい者の働く施設、デイサービス・訪問看護を行う施設があり、屋根に共同発電所として太陽光発電設備、施設内に薪ストーブを設置しています。
  2. あいとうエコプラザ菜の花館
    「菜の花エコプロジェクト」の拠点として、バイオディーゼル燃料の精製やもみ殻の炭化を行う施設。見て触れて体感できる、体験型の学習を進めています。
  3. 滋賀県平和祈念館
    県民の戦争体験を語り継ぎ、戦争の悲惨さや平和の尊さを学び、平和を願う心を育むための拠点となる施設。屋根には、東近江市Sun讃プロジェクトにより「ひがしおうみ市民共同発電所3号機」が設置されています。

地域のグリーンパワーを探すトップへ探すトップに戻る

PageTop