全国のエネルギーパーク見学ガイド地域のグリーンパワーを探す

最先端の新エネルギー施設が集まる電源立地県

平成19年度認定茨城県次世代エネルギーパーク

エネルギーパーク概要

自然エネルギー施設と観光との連携で、楽しくエコ体験
最先端の技術開発を行う研究機関、風力発電施設やバイオマス発電施設などが集まり、県全体が“エネルギーパーク”に。太陽光発電研究、国内最大級のバイオマス発電施設など、先進的な取り組みを間近で見学できます。次世代エネルギー研究の最先端にふれることができる「県南・県西地区」、液化天然ガスや太陽光発電などさまざまなエネルギー施設がある「県北・県央地区」、風力発電施設、太陽光発電施設、バイオマス発電施設が見学できる「鹿行地区」の3つのエリアがあり、近隣観光と合わせた見学のコーディネートが可能です。

おすすめ見学コース

県内最大の工業地帯である鹿島臨海工業地帯を中心に、エネルギー関連施設、コンビナートでの省エネルギー対策、風力発電やバイオマス発電、太陽光発電を体感。近くにある港公園の展望塔からは大工場群を一望できます。 [JR東京駅→鹿島セントラルホテル(90分)]

  1. 神之池バイオエネルギー(株)神之池バイオマス発電所
    国内最大級のバイオマス専焼発電所。大半のバイオマス燃料は、隣接する中国木材(株)鹿島工場より供給され、運搬によるエネルギーロスが少なく、環境への負荷が抑えられます。隣接する製材工場の見学も可能です。
    [鹿島セントラルホテルから車で15分/東関東自動車道潮来ICから車で15分]
  2. (株)カネカ鹿島工場太陽光発電
    太陽電池モジュール容量12.7MW、パワーコンディショナー容量10MW。
  3. (株)ウィンド・パワー・いばらき ウィンド・パワーかみす第1・第2洋上風力発電所
    国内初の外海洋上発電所。出力2,000kWの風力発電施設を15基設置。洋上に設置することで、内陸部に比べ建物や地形の影響が少なく、安定した発電が可能に。また、周辺への騒音・振動の影響を軽減します。

地域のグリーンパワーを探すトップへ探すトップに戻る

PageTop