全国のエネルギーパーク見学ガイド地域のグリーンパワーを探す

時代の先を行く「環境都市」の原動力

平成27年度認定滝川市次世代エネルギーパーク

  • 太陽光発電
    太陽熱利用
  • 小形風力発電
  • バイオマス発電
    (生ごみ)

エネルギーパーク概要

再生可能エネルギーを、環境にやさしいまちづくりの力に
2003年の「滝川市環境都市宣言」をはじめ、滝川市は環境にやさしいまちづくりを進めてきました。生ごみのバイオガス発電にいち早く取り組んでいるほか、2012年には「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」の開始に合わせ、4ヵ所のメガソーラー誘致を実現。また、公共施設への太陽光発電導入と災害時対応のため市内温泉施設に導入した太陽光・太陽熱・風力発電設備は、年間20万人の利用者が再エネに触れる機会となっています。さらに、JR滝川駅前広場の整備に合わせ、小形風力と太陽光のハイブリッド街路灯や、太陽光発電設備を屋根に設置した駐輪場の整備を行っています。

おすすめ見学コース

拠点施設である温泉施設「滝川ふれ愛の里」など公共施設やメガソーラー、生ごみによるバイオガス発電に取り組む「リサイクリーン」の見学がおすすめ。2017年からはJR滝川駅前広場に小型風力と太陽光発電によるハイブリット街路灯、駐輪場に太陽光発電設備を設置しています。

  1. 滝川ふれ愛の里
    年間20万人以上の利用がある温泉施設であり、太陽光・風力・太陽熱の設備が一度に見学可能。コテージで宿泊することもできます。
  2. 伯東滝川ほほえみソーラーパーク
    市有地へのメガソーラー誘致第1号のサイト。発電量の表示パネルが設置されているほか、物見台からは全景を見渡すことができます。
  3. 中空知衛生施設組合リサイクリーン
    滝川市を含む3市2町の一部事務組合により運営されている広域生ごみ処理施設。生ごみから発生するメタンガスによって発電しています。
  4. JR滝川駅前広場
    年間200万人以上の利用がある駅前広場に、太陽光・風力によるハイブリッド型街路灯を整備しています。

地域のグリーンパワーを探すトップへ探すトップに戻る

PageTop