全国のエネルギーパーク見学ガイド地域のグリーンパワーを探す

エネルギー自立都市金沢の実現に向けて

平成26年度認定かなざわ次世代エネルギーパーク

エネルギーパーク概要

再生可能エネルギーとともに、美しいまちなみを守る
加賀百万石の城下町として栄えた金沢。藩政期から受け継がれた伝統文化と心くばりが今なお私たちの暮らしの中に息づいており、城下町としての風情と美しさが色濃く残っています。また、豊富な水や森林資源にも恵まれ、大正期に創業した歴史を持つ全国唯一の市営水力発電のほか、最近では林地残材をごみ処理施設で混焼するバイオマス発電が稼働をはじめました。豊かな自然環境や歴史都市ならではの美しいまちなみの保全と、「金沢らしさ」を活かした再生可能エネルギーの導入を進め、「エネルギー自立都市金沢」の実現を目指しています。

おすすめ見学コース

「西部環境エネルギーセンター」、「城北水質管理センター」を見学し、芸術の息吹を肌で感じられる「市民芸術村」へ。
赤レンガの中でランチのあとは、「戸室リサイクルプラザ」で豊かな自然を満喫してください。

  1. 西部環境エネルギーセンター
    2012年稼動のごみ処理施設。最大7,000kWの発電が可能で、余剰電力は売電し、余熱は近隣の体育施設等で利用しています。「見て・ふれて・学べる」環境学習コーナーを完備した拠点施設です。
  2. 城北水質管理センター
    下水処理の工程で発生するメタンガスを利用した消化ガス発電。発電出力は、最大200kWで、施設の年間電気使用量の1割以上をまかなっています。また、放流工程や施設用地を活用した小水力発電や風力発電を行っています。
  3. 金沢市民芸術村
    赤レンガ造りの魅力的な建物を、演劇や音楽などの創作の場として活用。学生や市民団体に広く利用されています。また、防災拠点施設として太陽光発電を導入。発電出力は最大10kWであり、停電時にも活用できます。
  4. 戸室リサイクルプラザ
    3Rについての映像や展示等で楽しく学習できる施設です。太陽光で発電した電力によって施設の年間電気使用量の約半分をまかなっているほか、太陽熱給湯で沸かしたお風呂も人気。市民の憩いの場となっています。

地域のグリーンパワーを探すトップへ探すトップに戻る

PageTop